日本人の普段の生活を体験できる民泊を好む外国人観光客が増えており、ビジネスのチャンスが広がっています。

東京オリンピックを控えた日本では、様々な課題が浮上しています。
言語によるコミュニケーションのロス、文化の違いによるストレス、治安の問題もあるでしょう。
そうした中で注目したいのは外国人観光客の宿泊施設についてです。

 

ホテル滞在が一般的ですが、外国から見ると高額な宿泊費になっているケースも少なくありません。
また予約がいっぱいで宿泊出来ない問題も発生するでしょう。
日本人であれば自宅へ帰るという方法が取れても、観光客はそう簡単には行かないのです。
ここにビジネスチャンスがあるとされており、民泊市場が盛り上がりをみせています。

 

副業として始めることも可能な民泊ビジネスは、東京オリンピックのバブルに乗れるか考えて行きましょう。

 

五輪時は宿泊施設が不足する

はっきり言うと宿泊施設は十分に足りているという意見もあれば、大きく不足するという見解も出ています。
五輪に合わせてホテルが建設され、個人が行う民泊ビジネスが増えているからです。
しかし、それでも不足するという意見が根強いのにはいくつかの理由があります。

 

まず、オリンピックの際にホテルを利用するのは外国人だけでなく国内の人も利用するでしょう。
地方から東京へオリンピック観戦に来る際にホテルを予約するのは自然な流れです。
そうした場合は宿泊施設が不足し、約10000室が不足するという試算もあるほどです。

 

問題が発覚してからでは遅いため、政府は民泊ビジネスを支援する動きも見せています。
自治体によって審査基準が違うことも問題視されており、不合理な判断や煩雑な手続きの緩和が始まっているのです。
そのため、五輪とは関係なく民泊ビジネスは始めやすいタイミングだと言えるでしょう。

 

文化の違いを認識すること

東京オリンピックで民泊市場は間違いなく拡大します。
その際には、日本人の感覚ではなく海外の感覚を知ることが大切です。
一時期問題になった事例としては、とある国籍の観光客を受け入れたところ、家財道具のほとんどを窃盗されてしまいました
取り外せるものはテレビ含めて、すべて持ち去られてしまったのです。

 

また、室内で匂いの強い香辛料を使った料理を行い、クリーニングしなければ使えない状態になることもあります。
日本の常識で考えていると思いがけないトラブルになるので、民泊ビジネスをやる際には注意しましょう。

 

民泊市場の規模

2018年は外国人観光客の数が3000万人を超えて、2020年時点では4000万人を超えると言われています。
外貨獲得のために政府も観光事業の支援を行っており、市場規模はこれからどんどん成長して行くでしょう。

 

民泊市場は始まったばかりですが、その需要は非常に高いです。
外国人観光客が増えれば自然と宿泊施設の需要が出て来るので、長期的にも安定しそうです。
最近では日本人の普段の生活に近い民泊を好む観光客も増えており、ビジネスのチャンスが広がっています
オリンピックの需要増に合わせて民泊ビジネスにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?