日本が世界をおもてなしする東京オリンピックは多岐にわたる変化を生み出します。
ビジネスチャンスが発生し、オリンピックバブルの波が起こるのもその1つでしょう。
目に見えない変化やチャンスが生まれる中、目に見えて分かりやすい変化もあるのです。

 

それは東京の街で、オリンピックによって確実に大きな進化を遂げます。
2019年現在、オリンピック開催に向けて東京の街は刻々と変化しているのです。

 

では、東京オリンピックにより街のどこが変化するのでしょうか?
五輪需要により進化する街の様子をピックアップしてみたいと思います。

 

東京の街は安全で快適になる

 

東京の未来とは

 

オリンピックが開催された時のため、急ピッチで進められているのが安全と快適さです。
大勢の外国人観光客が訪れるので、まずは安全を確保する必要があるでしょう。

 

 

 

具体的な例としては、駅に設置されるホームドアです。
ホームドアがあれば線路へ転落する事故は激減しますし、接触事故のリスクも下がります。
これにより観光客の安全は守られますし、不慮の事故により遅延する心配もありません。

 

快適さについては、各種案内板に外国語表記が追加されています。
文字だけではなくイラストを活用して一目で内容が分かるような工夫もされているのです。
外国語による音声ガイドやバリアフリーの要素もどんどん取り込まれているでしょう。

 

 

 

徐々に変化して行く町並みには気づきにくいかもしれません。
ですが、ふと周囲を見渡せば安全性やバリアフリーなどの快適さが増えています。

 

新しいランドマークの誕生

東京の主要な駅の近くで大きな工事をやっていた記憶は無いでしょうか?
観光名所や商業施設、宿泊施設や各種複合施設が駅の周辺に次々と誕生しています。

 

これらは外国人観光客をターゲットにしたもので、オリンピック需要を狙って建設されたものです。
中にはオリンピック後の完成する予定のビルもあり、安全性や快適さが増した街で商売をすることを狙っています。

 

日本人から見るとただのビルかもしれませんが、海外の観光客が見ると立派な観光名所になります。
東京の街は既存の観光名所とは別の新しいランドマークを生み出しているのです。
こうした変化もオリンピックの需要がもたらした変容です。

 

住む人が変わる

オリンピックのビジネスが東京に集中すると、仕事をする人が近辺に引っ越して来ます。
顕著なのは湾岸エリアで、5年で人口が20%アップするという急成長を遂げました。
大勢の人が集まって来ると、新しいサービスやビジネスが生まれるようになるでしょう。

 

湾岸エリアに住む人が、自分が使っていない時間に自動車をレンタルさせるビジネスを始めて注目されました。個人が集まってフリーマーケットやお祭りを開催したこともあり、街の雰囲気は大きく変わったのです。

 

発展していく東京

 

東京オリンピックは開発費の高騰や不正などで問題視されていますが、良い面は確実に存在しています。
この先どのような変化を遂げるのか、オリンピックと一緒に見守って行きましょう。

 

また、オリンピック後の不況が囁かれていますが、本当なのでしょうか?
確かめてみましょう。